価値観が合わない妻と離婚して人生が変わる

結婚するからには幸せな生活を送りたいので、困難が待ち受けていたとしても力を合わせて乗り越えていくと決めていました。ところが、結婚生活をスタートさせてから妻と価値観が合わないと感じる場面がかなり多くなっていました。たとえば、妻は夫婦なので自宅にいる時は同じ空間で過ごすべきという考え方でした。一方で自分は一人になれる時間が欲しいという考え方だったので、どちらかが我慢をするしかないです。仕方なく、自分が妻に合わせて自宅では同じ空間で過ごすようにしていましたが、ストレスが溜まってしまい、会社にいた方が気分は楽でした。

また、妻がおすすめする趣味を強引にやらされたことも、ストレスが溜まっていた原因の1つです。3年ほどこの生活を続けた結果、体力的にも精神的にも我慢できなくなったので、自分から離婚を切り出しました。妻は原因がわからず、納得していなかったので最初は拒否されましたが、溜まっていたことを全て打ち明けた結果、何とか承諾してもらえました。離婚して1年後に新しい出会いがあり、2年後に結婚することができたので、良い方向に人生が変わっています。