8年前に27歳で離婚を経験しました。離婚の原因の多くは私にあると思います。これまでの人生、たくさんの岐路がありましたが、その時々に自問自答し、後悔しないと確信した道を進んできました。同じことが仕方なく離婚を決意したときに言えます。
それから8年、正直に自分の心に問うと、後悔したことが幾度となくあります。記憶とは不思議なもので、当時は嫌で嫌でたまらなかったはずなのに、楽しかった思い出ばかりが頭に残っているのです。後悔に押し潰れそうになる度に、後悔しないとあれほど自問自答したはずだと自分に言い聞かせています。
しかし、離婚して得られたものが多くあったことも事実です。結婚生活中は派遣社員で働いていたのですが、同年代の人たちが正社員でバリバリ働いていることにとても羨ましさを覚えていました。離婚後は新しい土地で、正社員として思い切り仕事に励むことが出来ています。おかげで新しい仲間との出会いもありました。
過去は変えられません。いかにプラスに捉えられるかだと思います。